取組み

 小林秀徳研究室は、政策科学やシステムダイナミックスの知識を様々な形に変換し、社会に発信し続けてきました。
 これまでに実施した主なプロジェクトは、広く社会に教育機会を提供する「社会教育」を目的とするものと、企業や自治体の事業戦略や人材育成をサポートする「経営支援」を目的とするものとに大別することができます。(下図参照)

Social Education Management Support
KOBAKENプロジェクト図

 中央大学研究開発機構・政策科学研究室“RUPS”、小林秀徳研究室有限責任事業組合“KOBAKEN.LLP”等、プロジェクト毎に組織する事業体は、大学研究室のオープンな研究体制を活かしつつ、そこで長年にわたって蓄積された研究成果を社会に還元する様々な方法およびその実現に最も適した形を考案し、実施するものです。

※各プロジェクトの詳細についてはこちらをご覧ください。